2016年02月19日

ダイコー「廃棄食品」流通事件の背景にあるもの 二

 なお、同紙によると、「10年ほど前までは『同じような横流しは当たり前のように見聞きした』と、複数の同業者が打ち明ける」といい、ダイコーの知人の社長は「東海地域だけでも、あと23社は横流しをしている業者が思い浮かぶ」と明かしたという。

 また、壱番屋の廃棄カツを、みのりフーズとは別の業者から買った名古屋市の匿名の仲卸(なかおろし、仲介業者のこと)は、廃棄カツを買う際、こんなやり取りをしたという。


 業者「衣がはがれたB級品の冷凍ビーフカツがある」


 仲卸「ココイチの名前を出していいのか」


 業者「構わない」


 (続く)

posted by ssk at 21:31| Comment(0) | 記事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。