2015年10月25日

京都市“猫エサやり禁止条例”ができるまで バックボーン 二十一

 話が前後するが、以前、千葉市の検見川マリンタウンで起きた紛争について、千葉市の対応などの追加情報が入ったので、加筆する。

 平成23810日、「マリンタウン敷地周辺植込み2か所、稲毛駅前植込みにビニール袋でドライフード、水が置かれているのを確認」

 平成2381122時前、「黒のワンボックスカーで■■と思われる女性が現れ、前日同様、駅前1か所、マリンタウン2か所にビニール袋を器代わりにドライフードと水を置き去った」

 平成23825日、千葉市の役人・須賀・川西氏は、182145分にかけて、マリンタウン等を巡回した。

18時半以降、15分〜30分に一回ペースで、マリンタウン植え込み付近を確認したが、「ねこ、餌は見当たらず」。

215分、「餌やりの男性(■■さん)が黒色軽自動車で登場」。

215分〜2140分、「マリンタウン敷地内での餌やりをやめるよう説得。

 千葉市ガイドラインを手渡し市の飼い主のいない猫の施策を説明。

 飼い主のいない猫の不妊手術事業を説明。

 猫ボランティアの活動、取り組みを説明。

 動物愛護ボランティアの開催を説明。」

 餌やり男性は「マリンタウン敷地外での餌やりを検討する」とのこと。

 同月291850分〜22時半。役人の須賀、川西、二井谷氏が、マリンタウン等を巡回した。

1915分、ボランティアの■■さんと合流。

21時、「餌やりの男性(■■さん)が黒色軽自動車で登場。」

21時〜2125分、「マリンタウン敷地内での餌やりをやめるよう説得。

 動物愛護フェスティバルのリーフレット、飼い主のいない猫の不妊去勢手術事業のリーフレットを手渡しフェスティバルへの来場を打診。

 昨年市議会で猫に関する陳情が採択されたことを紹介。

 ■■

 餌やりの場所については、いろいろな材料を元に検討するとのこと。

 連絡先については伝えられないとのこと。

2125分、「ボランティアさんの■■さんと意見交換。」

 平成23961940分〜2115分、マリンタウン等を巡回(須賀、川西氏)

1940分、「マリンタウン植込み付近にねこ、餌は見当たらず」

1955分〜20時、「餌やりの男性(■■さん)が黒色軽自動車で登場するも停止はしたが降車はせず発進。停車中は電話をしている模様。」

2055分〜2115分、「マリンタウン敷地内での餌やりをやめるよう説得。

 餌やりの場所については、いろいろな材料を元に検討するとのこと」

21時、「会話中、マリンタウン内餌を置いている場所から黒白猫が出てきて車道を渡って交番横の植え込みに移動。」

2110分、「会話中、交番横の植え込みからマリンタウン側に車道を渡って黒白猫が移動。」

 (続く)


 ※8月10日、11日の個所を2015年10月26日加筆しました。

posted by ssk at 20:00| Comment(0) | 連載
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。